家でもディズニーランドにいたいから作る

パークでの何気ない1シーンなど、忘れたくない風景をミニチュア化するのが趣味な人の日記です。基本土日更新ですが、気まぐれです。

ワールドバザールのポップコーンワゴンを作る16

かなり進みました。

 

側面4枚中、3枚はほぼ完成しました(白い板は、天井になる予定です)。ガラス(材料は透明なプラ板)をはめたり、枠を作ったりしました。

f:id:kana_jessie:20191227091023j:image

 

ちなみに、やりたいことは、これの↓黒い部分を作ることでした。上の写真は展開図になっています。

f:id:kana_jessie:20191227091051j:image

 

この④番は、扉をつけたいので、今蝶番と扉を作っています。

と言っても、扉自体は、透明なプラ板を切ったこれ↓(最初の写真にも映っていました)です。

f:id:kana_jessie:20191227091412j:image

 

さて、蝶番ですが、前回記事の、ピンボケ画像↓のときはここまで出来ていました。

f:id:kana_jessie:20191227091521j:image

 

これに、小さな板を貼り付けます。お試しのために仮止め(木工用ボンドでくっつけてある、引っ張れば取れる)のみです。

f:id:kana_jessie:20191227091636j:image

 

板ですが、プラペーパーで出来ています。こちらは薄くて加工が簡単(ハサミやカッターで切れる)な上、紙よりも強度があり、便利です。

f:id:kana_jessie:20191227091736j:image

 

④番で試してみます。片方をくっつけて

f:id:kana_jessie:20191227091839j:image

 

開けてみる

f:id:kana_jessie:20191227091859j:image

 

無事蝶番になりそうです。

f:id:kana_jessie:20191227091903j:image

 

④番用の枠を作ります。

今まで平型針金でしたが、薄い方が嬉しいのと、針金は確実に平面になる保証が無いので、

こちらのプラスチックの角棒を使います。

f:id:kana_jessie:20191227092133j:image

 

枠に合わせてカットし(普通のカッターで切り込みを入れた後、折り、切り口をやすりで削ればOK)、プラスチック用の接着剤で接着します。

f:id:kana_jessie:20191227092234j:image

綺麗です

 

銀色のタミヤアクリル塗料を用意し、

f:id:kana_jessie:20191227092359j:image

 

13回の記事で作ったこいつと一緒に↓

f:id:kana_jessie:20191227092505j:image

 

塗ります。見え辛いですが、もう1つ、ドーナツ状の小さなパーツをプラペーパーで作って、一緒に塗装しています。③の通気口用です。

f:id:kana_jessie:20191227092515j:image

乾くのに半日要します。

 

次は④の扉を取り付けていきます。